再受験戦士、医学生になる。

医療職→バイト戦士・再受験→地方国公立医学部、のアラサー女がお届けする、再受験と第二の学生生活の記録。

【勉強法】生物は得意だった私がやったこと

うさこです、こんばんは。

2年生も無事に終わって春休みなので、少しずつブログを書いていこうと思います。
全然書いてなくてすみません。。。

書くといって早1年。ようやく書きます、生物でやったこと。
もう二年も前の話になってしまったので、正直だいぶ記憶も怪しくなってきているんですが。。。 

状況もこれまでの経歴も違う方には合わない方法かもしれないので、あくまでも「こんなことをしてる人もいるんだー」という感覚で読んでもらえると助かります。

f:id:usako2017:20190215233331p:plain

なぜか「生物」はカエルのイメージな私。

まずはじめに。ちょっと余談ですが、生物か物理か悩んでいるそこのあなた。
数学が苦手ではない or 物理に苦手意識がない
なら物理で受験したほうがいいと思いますよ。
「物理のほうが高得点を取りやすい」とかいう噂はあながち間違いではないと思いますし、なにより受験できる大学が増えます。
よっぽど生物好きでない限り、物理が無難です。

数学が苦手で、物理もどうも相性が悪い感じがしているそこのあなた。
もしくは前回の大学受験のときに生物で受験しているそこのあなた。
私個人としては、生物での受験をおすすめします。生物は、やれば誰でもできます。物理は、できない人は本当にできません(他ならぬ私のこと)。
特に、前回の受験で生物を使っていて、かつ、大学で生命科学や生物系にいた再受験生は、大学で学んだことを使えるので、楽だと思います。それと、受験問題には必ず「正解」があるので、実験をしてきた身としては、考察問題がいろいろな意味ですごーーく楽に感じたりもします。笑
「覚える量が多い」とか言う人がいますが、世界史や日本史と比べたら、大したことありません。負担になるほど多くはないです。
安心して生物で受験してください。

大学受験の勉強は、所詮、手段に過ぎないのであまり考えすぎず、点を取れそうなほうを選んだらよいのではないかと思います。

--

前置きが長くなりました。本題に入ります。
私が再受験の際にやっていたのは、とにかく教科書の内容を正しく理解し、覚えることです。
旧課程と比べて、現行の教育課程では覚える内容が増えました。かなり増えたと思います。そう聞くと大変になったように思うかもしれませんが、高得点が取りやすくなったなー、と私は感じました。
覚えさえすれば、点を取れるんですよ。旧課程のほうが、ちょっと考えないといけない問題が多かったような気がします。偏差値60をとるのは難しくなったけれど、偏差値70は取りやすくなったといいますか。。。

ただし、高得点を取るためには、教科書の隅々まで正確におさえる必要があります。私立医学部だとまた話は別かもしれませんが、
国公立ならとにかく教科書です!
これで、模試では毎度偏差値80とか出していましたし、入試本番でもかなり高得点を取っているので、難しい問題集を無理してやる必要はない、基礎が何より大事だと思っています。

 

【3月~7月】

教科書(のような網羅性のあるオリジナルテキスト、非売品)を隅々まで読みつつ、その内容を確認するためにリード Light をやっていました。要は、教科書を読みながら、定着度のチェックを教科書傍用問題集でやっていたということです。 
教科書(代わりのテキスト)は、数え切れないほど読んでます。手元になくて残念なんですが、めちゃくちゃ汚いです!笑
生物は、元々得意なほうではありましたが、夏、7月いっぱいまでは教科書とリードLightに徹していました。
ただし、論述対策は一朝一夕でできるものではないので、学習範囲に合わせて基礎問題精講や、昔使っていたニューグローバルの論述のみを集めたページから現行過程に合うものだけのを抜き出してきて週に1、2題ずつやっていました。これは、生物というよりは文章を書く練習ですね。

リードLightノート生物基礎

リードLightノート生物基礎

 
リードLightノート生物

リードLightノート生物

 
リードLight生物基礎

リードLight生物基礎

 

   旧課程の人間で、現行課程の傍用問題集を持っていなかったので、近所で市販されていたリード Light を買ったというだけで、セミナーでもなんでもいいと思っています。ちなみに、リードLightノートとノートでないものの違いは、ノートのほうが大きくてB5版になっていてはじめに穴埋め問題があるところくらいで、私としてはどちらでもいいというかんじでした。

問題は、再受験生が教科書かその代わりになるテキストをどうするか、だと思うんですよね。私は運よく教科書代わりのテキストが手に入ってしまったので、市販のものだとどれが使えるのかわかりません。すみません。。。

 

【8月~11月】

ようやく基礎が固まってきたなーという夏の中盤から、基礎問題精講をはじめました。
こいつどんだけ基礎問題精講が好きなんだよ!という声が聞こえてきそうなんですが、まあそのとおりで好きです!

生物(生物基礎・生物)基礎問題精講 三訂版

生物(生物基礎・生物)基礎問題精講 三訂版

 

この問題集、「基礎」とか言っているのに結構難しいから要注意です。すでに仕上がっている人は別として、春からやる問題集ではないと思います!!この問題集、ふつーに入試レベルです。「基礎」とは一体!!!?私は生物が得意だったので夏からやっていましたが、人によってはもう少し遅く始めてもいいような気がします。

 それから、受験校の過去問研究もこの頃にははじめていました。

 

【12月~センター試験

基礎問題精講を続けつつ(←難しいから)、受験校を絞りきれていなかったのもあって、かの有名な(?)入試問題正解で全国の国公立大医学部の問題を解きはじめました。

2019年受験用 全国大学入試問題正解 12生物

2019年受験用 全国大学入試問題正解 12生物

 

 入試問題正解については、直前期の項でもう少し書きます。

センター対策は、教科書と再び登場のリードLightです。
センターの過去問は1年分くらいしか解いていません。
教育過程が変わったばかりでセンターの過去問が少なかったのもありますが(生物は大きく内容が変わりました)、解いてみて「教科書と傍用問題集しっかりやれば解けるな」と感じたのでそちらに徹していました。2年連続100点とってます。何年受けてるんだ。。。

ちなみに、系統分類や進化は出る大学が限られていますが、ムラなく出るセンター試験では出ます。そして、これこそ覚えていれば取れる分野なので、直前にすごい勢いでやって詰め込みました。これを落としたらもったいないです。もちろん、直前に詰め込んだので、もう覚えていません。。。

 

【センター後~二次試験】

受験校の過去問をやっていたのですが、いかんせん、新課程の過去問が少なく、すぐにやることがなくなってしまいました。。。
そこで再び登場、入試問題正解。

 

2019年受験用 全国大学入試問題正解 12生物

2019年受験用 全国大学入試問題正解 12生物

 

 

受験校と同じくらいのレベルの大学からはじめて、結局日本全国津々浦々の医学部の問題を解きました。
これをやってわかったのは、入試問題にはトレンドがあるということ。
医学部って、どこも割と傾向似てるんですよね。理科は出題範囲が狭いので、特にそうなってしまうんだと思います。今の過程ではメンデル遺伝の問題はあまりでないんだなーということも分かりましたし、解いていると、「あれ?この問題、なんかやったことあるな」ということがしばしばあります。化学も同じようにやっていたんですが、やはりそうでした。
実際、生物も化学も、試験会場で「これは去年○○大学で出てた問題だーー!!!!」となったので(脳内でドーパミンが放出されたのを感じた瞬間だった。笑)、余裕がある方、もうやることがないという方にはおすすめです。

また、基礎問題精講で頻出分野は補強していましたし、教科書の確認も気になり次第ちょくちょくやっていました。
植物が意外と出たりするんですよね。前の大学と前職は人間を扱う関係だったので、大学でやった分子生物や生化学、人体のことは得意だったんですが、植物はちょっと苦手でした。何よりあまり興味がn(

--

以上です。

なんだか冗長な記事になってしまったので、あとで編集するかもしれません。
何かありましたら、お気軽にお問い合わせください!

ではまた。

【モニター】ビオレさらさらフットクリーム

うさこです、こんばんは。

今日は、受験とは一風かわって日常生活のことをお届けします。

せっかくのんびりした生活を送っているから、いろいろやってみてるんですよ。

 

そんなわけで最近、商品モニターに応募しているんですが、とうとう当たりました(喜)

 

花王さんから新商品の

ビオレZさらさらフットクリーム

をいただきました!

じゃーん

f:id:usako2017:20190204175736j:plain

f:id:usako2017:20190204180314j:plain


ほんのり爽やか石鹸の香りで、塗るとさらっと伸びてベタつき一切なし。

正直、夏よりも、ブーツを履く冬の方が蒸れや匂いが気になっていたから、助かります。本当に助かります!!

塗って出かけてみたんですが、たしかにじとーっとムレる感じが軽減されました。
これで安心してお座敷に上がるときにブーツを脱げるよ!

これからも、ガンガン使います。

 

「花王」のキャンペーンに参加中[PR]


花王株式会社のキャンペーンに参加中♪[PR]
花王株式会社のキャンペーンに参加中♪[PR]

センター試験直前はのんびりと

うさこです、こんにちは。

センター試験、いよいよ今週末ですね。

先日こんな記事↓

toyokeizai.net

を読みまして、「ああそうそうそう!」と激しく共感。そこで今日は、私が再受験のセンター試験直前数日間をどう過ごしたか、書こうと思います。

 

結論からいうと、のんびりしてました。

 もう3日後だ!という今日くらいのころには、当日に向けて調子を整えていました。
遊んでいたわけではなくて勉強はしていたんですが(勉強しないとさすがに落ち着かない)、少し前までは最後の追い込みということで増やし気味だった勉強時間を元に戻しました。この時期はバイトも最低限に減らしていたので、勉強時間をこれまでどおりの時間に戻しただけで一日の活動量が減って、脳の疲労も、体の疲れもかなり取れ、「楽になったな」と感じていました。

 センター試験は、2日間で5教科7科目を受験する、心身ともにハードな試験です。試験時間が短い、と感じる科目も多く、集中力を欠く状態で高得点を狙うのは難しいと思います。疲れがたまっているときや発熱時に「いつもどおり」の点をとることが難しいのは、みなさん容易に想像がつくはずです。反対に、体調がよいときはサクサク解ける、という経験があるはずです。だから、焦って心身ともに追い込むのではなく、これくらいの時期になったら体調を整えることに意識を向けました。
 風邪やインフルエンザの潜伏期って3日弱とかだったりするので、これくらいの時期にもらうとちょうど当日具合悪いですしね。。。

 無理して勉強時間を減らすと精神的に焦りそうですが、元に戻しただけですし、これまで十分やりきったという実感もあったので、ドキドキしながらもセンター試験当日を楽しみに感じてもいました。

というか、準備バッチリだから楽しみだと思い込むようにしていました。

センター試験は、私にとっては精神力勝負の試験だと思っていたので、意図的にそう思い込むようにしていたんです。

 あとは、特別なことをやらないで、淡々と、ただ少しのんびりとすごしていました。
いつもどおり朝出かけて勉強して、お昼後には散歩に出て、夕方帰ってきて家族とごはん食べてお風呂に入って…
そういえば前日は、当日試験会場で食べるおやつを買いにいきましたよ!
好きなお菓子を買うだけでちょっと楽しくなるじゃないですか!!

 いろいろ書きましたが、自分が納得できる時間をすごすのが一番です。
ただ、焦って無理して詰め込んできる人がいたら、この調子でやって当日ベストコンディションで挑めるかな?と少しだけ立ち止まって考えてみてください。


 センター試験は苦手だと感じていたので、これが終われば楽になる…!とも思っていました。
そう、センター試験が終わるとちょっとだけ、
いや、だいぶ安心しますよ。
国語と社会から開放されると、かなり気楽になります。あとちょっとです。
とにかく元気に受験してきてください。ここまで一生懸命やってきたあなたはきっと大丈夫。

f:id:usako2017:20190116180435p:plain

 

センター試験当日に絶対に持っていくべきもの

うさこです、こんにちは。

 

いよいよセンター試験が近づいてきました。そこで今日は、再受験時だけでも大学4年生のときから5回センター試験を受けた(受けてしまった)私が、
これだけは持っていけ!
と思うものについて書こうと思います。センター試験を何度か受けている人のなかには、もちろん持って行くよ!という人も多いであろう、定番のアレです。

最後にちょっと、応援のメッセージも書いています。特に弱気になってしまっている人へ。

f:id:usako2017:20190109134903p:plain

 

これだけは持っていけ!ってなんだと思いますか?

鉛筆と消しゴムと受験票は、さすがに持って行ってくださいね!言うまでもないですね。すみません。。。

↑こんな便利なセットがあるんですね…! 

ちなみに受験票は、意外と忘れても大丈夫。
なんと私、高校生の時に、センター試験当日に受験票を忘れて受験しています。もし忘れても、その場ですぐに仮受験票を発行してもらえるので問題なく受験できます。

まあ普通は忘れないですね…

さて、話を戻して。
私が絶対に試験会場に持って行くべきだと思うものは、

イヤホンと音楽プレーヤー or 耳栓
です。試験に持って行く人も多い、定番ですね。

 

MOLDEX メテオ (モルデックス メテオ 8ペア)

MOLDEX メテオ (モルデックス メテオ 8ペア)

 

 (↑テキトーな耳栓の画像。オススメでもなんでもないです笑)

  なぜここで、こんな定番グッズを強調するかと言うと、センター試験の特性上、
試験時間外に周りの音を遮断することがとっても大切だと思うからです。
しっかり準備してそれなりに取れるはずだけど、やってみたら思いのほかできなかったなんてことがあるセンター試験。医学部受験生のなかには、センター試験で一番怖いのは、試験の雰囲気にのまれてコケてしまうこと、という人も多いのではないかと思います。メンタル面が大きく反映されてしまうことが多々ある試験です。
  そんなわけで私は、答え合わせは絶対に全日程が終了してからする派なのです。1日目の結果は、2日目の出来に影響します。そんなわけで、多くの人が、全日程が終わってから答え合わせをすると思います。

でもね、自分がやらなくても勝手にやり出す人が周りにいたりするんですよ。
特に高校生は、学校ごとで受けにきてるから、休み時間や帰り道に友達同士で答え合わせをする奴が出現します。センター試験を受けたことがある人はわかってくれると思うんですが、そういう奴って絶対いるんですよね!!許すまじ。
そういう奴は大体、「あれはこうこうこうだけど意外と簡単で答えはなんとかだよねーーー」とか言ってイキり倒してるんですが、往々にしてその答えは間違っている不思議。
  普段だったらそんな話は聞き流せるんですが、センター試験1日目が終わった後や科目間の休み時間にたまたま自分が自信のなかった問題の話をしているのを聞いてしまうと、妙に自信がなくなってきて動揺して引きずってしまうなんてことも起こり得ます。起こり得ます、というか、私は実際にそういう経験があるので力説しています!

そんなことで1点でも減らしてしまうのはもったいないので、
イヤホンと音楽プレーヤーか耳栓を持って行くことを、猛烈にオススメします!!

 

本番まであと少し、ここで弱気になって来年度の受験を視野に入れはじめてしまったら、もうそこで今年度はおしまいです。できるかな…と不安になってもかまいません。でも、当日まであきらめずに勉強を続けないかぎりは受かりません。弱気になろうがなんだろうが、当日まで全力でやりきりましょう!

すでに仕上がっている人は気を抜かずに体調を整えて、万全の体制で当日を迎えてくださいね。

精一杯挑戦している人が、試験当日に力を発揮しきれるよう応援しています!

焦りだすこの時期に

うさこです、こんばんは。

 

……いやーねえ、久しぶりすぎるよ!!!!

 

ぜんっぜん書いてなくてすみません。
2年生って忙しいんですね。
部活では一番身分が低くなるし、解剖もあるし、試験もたくさんあるし。

いいわけです、さぼってすみません!!

 

久しぶりなので、がっつり勉強方法ではなくて、
焦ってくるこの時期の過ごし方を振り返りつつ書いてみようかと思います。

別に焦らないよーって人。うらやましいです、純粋に。

f:id:usako2017:20181201212556p:plain

 

なんだか肌寒くなってくるこの時期。
センター試験の出願もとっくの昔に終わったし、確認票もきたし、そろそろセンター対策…って声も聞こえてくるし。

焦るんですよね。
焦っても仕方ないことは分かっていたので、私なりにいろいろ工夫をしていました。
せっかくここまでやってきたのに、
自分で自分にかけた重圧に押しつぶされてしまったらもったいないですから。。。

 

まず、今までやってきたことを変えないこと。

これまで、反省することはあったものの、その都度微修正をしながら全力でやってきたわけだし、
それできちんと学力もついて成績も伸びていたので、ここにきてあれもやったほうがいいかな、これもやったほうがいいかな。。。
と、新しいことに手を出さないようにしていました。
落ち着いて考えれば、この時期に新しい、難しい問題集をはじめて身につくわけがないことなんて当たり前のことなんですが、焦っていると意外と分からなくなってしまうこともあるかと思います。
結局は、「自分を信じる」ということだったんでしょうけど、
精神論だけでなくて具体的な行動をとると、自分を信じる難易度(?)も下がってよかったんだろうな、と思います。

 

勉強をはじめる前の日課を決めて、毎日実行すること。

ちょうど、ラグビーの五郎丸選手が注目を浴びていた時期だったと思います。
なるほど、ルーティーンを決めればいいのか!と思ってはじめました。
私の場合、毎朝勉強をはじめる前に、席に座って同じ曲(自分のテンションがあがる曲)を聞いて、
目を瞑って10回深呼吸をすることにしていました。
そして、試験会場でもまったく同じことをすると決めていました。

簡単な方法ですけど、私はこうって決めてるから!というだけでもちょっと安心できます。
ちなみに私は、「自分は単純だから、これできっと当日も落ち着いてできる!」
と自分に言い聞かせつつやってました。自分で自分をだますってやつです。

 

勉強の記録と一言日記をつける

毎日何をどれだけやったのか可視化すれば、自分がどれだけ勉強してきたか記録に残ります。
なぜか不安になったら記録を見て「これだけやってきたんだから」と納得できます。
何か足りないことがあると思うのなら、記録を見つつ何が足りないのか冷静に見つめなおすこともできるので、無駄に焦らずにすみます。

それから、一言日記はつけてよかったなと思っています。
そのときの率直な気持ちを書いていました。
焦るときは焦ると書く。なぜ焦っているのか分かるのならその理由を書く。分からないなら分からないと書く。
不安やつらい気持ちだけでなく、受かったらやりたいこと、今こうして勉強できる喜びについても書いていました。あ、当時好きだった人のこととかも書いてました。
自分の気持ちを書き出すと、整理できてそれだけでスッキリするんですよねー。
なぜわざわざ医学部受験なんてしてるのか見つめなおす役にも立つので、面接で使えたりもします。

ちなみに、これを使っていました。

合格手帳 新版 (赤)

合格手帳 新版 (赤)

 
合格手帳 2019

合格手帳 2019

 

大学に入ってからもこの類のものを使っています。
最近はこれ↓。これなんかはすごくかわいくて買ってしまいました。
でも、もういい歳なのでこの超かわいいデザインは恥ずかしくて外には持ち出さず家で使っています。。。

私としては、(勉強時間を可視化する必要はないと思っていたので、その欄がない)先にあげた合格手帳が一番使いやすかったです。いろいろな物があるので、自分が記録したい項目があるものを探してみてください。お気に入りのノートでもいいと思います。
いろいろデジタル化をして生活をしている今日この頃ですが、自分の気持ちの整理のためにやっていたので、私は手書きにこだわっていました。

そしてなにより、体を動かすこと。

最後は体力勝負です。
気力があっても体力がないと続けられませんし、体力がないと気力も消えます。
ちょっと体を動かすだけでもかなりスッキリするので、寒くて外に出たくない気持ちとたたかいつつ、
意識して散歩やジョギングをするようにしていました。
室内で気軽にできるヨガなんかもおすすめです。アプリもありますし。

 

わたしがやっていたことは、こんなところです。
何一つとしてかわったことはないです。

この時期にかわったことをしても余計焦るだけです。

普通が一番!

体に気をつけて、とにかく元気に試験当日を迎えてください。

編入か、再受験か問題

こんにちは、うさこです。

なんとまあ早くも更新をサボりました。一ヶ月以上!

そして気づけば、新歓でドタバタしている今日この頃です。

でも今書かないと一生書かない気がしてきたので、ブログを更新しようと思います。

 

本日のテーマは

「編入か、再受験か」

です。

これ、大卒で医学部に入りなおそうという人は、一度は必ず悩むところだと思います。

今日もまた、

「ひとの参考になるかは分からないけどとりあえず自分はこんなことを考えた」

ということを書きますので、そこらへんどうぞよろしく。

初めに書いておきますが、一般で受験した人の記事なのに、読んでも最終的に「一般でいこう、再受験しよう」とならないと思いますのであしからず。。。

 

私は、大学で生命科学の内容はそこそこやったということもあって、

初めは学士編入を受けようかなあと思っていました。

そんなふうになんとなーく考えて、ぼんやり情報を集めだしたんですが、

はっきりとした情報がない

と感じたんですよ、学士編入。

K○LSに通うお金もないし、やってみるかーとはじめた物理もまるで出来ない。

なんなら生命科学もイマイチできないし、英語もパっとしない、

なにより、

なにをやればいいのかよくわからないし、

どれくらいできているのかもよくわからない!!

自分は気づけばコメディカルで、結局研究に進まないから面接で話すこともパッとしない…

もちろん、わざわざもう一度大学に行こうと思った強い動機はあるわけですが、それをうまく説明して、他の賢くて面白い背景を持った受験生を上回るように自分を売り込む自信がありませんでした。。。

 

一方再受験だったら、

同じくらいの学力だった同級生が医学部に行ったから自分もきっと手が届く。

なにより、

何をしたらいいかが明確で、

自分の学力の到達度をはかる模試も信頼できる

と考えて、再受験を選びました。

 

一番の決め手は、何をやればいいかが明確という点です。

編入は、

何をどれだけやればいいのかさっぱりわからない、

しかもブラックボックスである面接が占める割合が大きく、

先が見えない勉強を続ける自信がない

と考えてやめました。

 

こう書くと簡単ですけど、実際には編入や再受験で合格されたり、挑戦された先輩方のブログを読み漁ったり、本を読んでみたりと、悩み、比較をして決めました。

読んだ本の最新版を紹介しておきます。

医学部受験関係の本って、読みきれないくらい大量にあるんですよね…医学部人気を実感します。

正直、ありすぎて嫌になって本はあまり読んでません。

 

こうして一般での受験を選び、なんとか合格して丸一年。

いろいろな人の話を見聞きし、自分の受験を振り返って、最近、思うことがあります。

私、編入のほうがよかったかも…

いやー、こんな考えても仕方のないこと、受かったからこそのん気に考えられるんですよ!!まったく!!

 

それはさておき、なぜそう考えたか。

 

ビックリするほど数学ができないからです。

医学部受験では、他の科目がどんなに出来ても、数学の失点をカバーするのは難しく、数学が足を引っ張る状態だと一般での格は難しいと考えています。

受験を始めたときは、やればできると思っていたんですが、精一杯やってもできませんでした!

詳しくは、数学の記事で書こうと思うので、今回は省略。

 

今思えば面接で話すことなんてどうにでもるし、その気になって集めれば、きちんとした情報を集めることもできる。すべての受験者が超優秀なわけではないし、範囲の広い科目は全てを完璧にする必要はない。未知の試験から逃げていたのかもしれません。

 

なーんて、受かったからのん気に言えるんですよ!!(2回目)

 

正直なところ、どちらがよかったのか、私もいまだに分かりません。

自分自身もどちらがよかったのか分からないので、人様がどちらのほうがいいか、なんてアドバイスはできそうにもありません。

ただ、どちらも、きちんとやれば多少時間がかかったとしても、合格できる試験だと思います。きっと、お笑い芸人としてブレイクするよりずっと簡単です。受かればどちらでもいいし、受かったからこそこうしてのん気に(以下略

 

なんだか訳の分からない記事になってしまいました。難しいなあ。

こんなふうに考える人もいるんだなー、くらいのきもちで読んでいただけたら幸いです。

 

では、きょうはこれで。

 

 

今後書く予定のこと(追記1回)

こんにちは、うさこです。

 

今日はちょっと、自分自身のメモを兼ねた記事です。

今後書こうと思っている内容をあげておきます。

リクエストがあったら、こちらのコメント欄でもツイッターでもかまいませんので教えてもらえるととってもうれしいです!

 

【受験編】

  • 各教科のやったこと、使った問題集・参考書
  • 再受験期間のバイトについて
  • どういうスタンスで挑んだか(勉強時間、息抜き等)
  • 得意科目と不得意科目のバランスと受験戦略
  • 面接について 
  • 受験費用について

【学生生活編】

  • アラサーは大学に馴染めるのか
  • 試験について
  • 部活について
  • 学費、生活費について(奨学金について)
  • 今後の医師としてのキャリアパスについて ※追加しました

今のところ、こんな予定です。

学生生活については、何かあったらその時々で気楽に書いていこうと思っています。

リクエストをいただいたら、どんどん追加していきます。

今後とも、よろしくお願いします^^